« そんな細腕繁盛記。 | トップページ | 読書の秋とはよく言ったものよのう。 »

ふと思った昼下がり。

いつもとはちと違う感じで。
久しぶりに、ちょっと感じたを書こうかと思います。

今日、自民党総裁選に出馬されている石破氏が山梨の農家を訪問されたとのことで。
私自身、実家は農家で。自分自身も高校・専門学校で農業を学んできて。
だから尚更、農業は日本の礎だと思うし、農業・水産業があるからこそ、他の職業があるのだと思う。
今の仕事自体は農業には直接携わってはいないが、農業・水産業がないと成り立たないホテル業に就いている。

小学校の時の社会科の時間で、日本の食物自給率の殆どが10%に満たない事実を知った。
私たちの生活は海外からの食物の輸入によって成り立っているという事実。
もうかれこれ、20年位前のデータだが、今もそれ程変わっていないと思う。
その当時、「戦争があったり、何かのきっかけで輸入が出来なくなったら大変じゃん。」と子供心に感じた。

実際、私の職場の仕入れも海外から輸入された食材が多い。
特に繁忙期に提供される食事の内容も国産の物を探すほうが難しい。

国にとって農業・水産業は切っても切り離せない。
だからこそ、次の内閣には農業・水産業を憂いてほしい。
何らかの手を打ってほしい。
お昼のニュースで流れていた石破氏の姿を見て感じた。

なんだか、纏まっていなくて申し訳ないです。。
どこかで、「じゃぁ、農業に就いていないお前は何なのさ」とつっこまれそうですが…。
勉強不足も甚だしいですが。。。

|

« そんな細腕繁盛記。 | トップページ | 読書の秋とはよく言ったものよのう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふと思った昼下がり。:

« そんな細腕繁盛記。 | トップページ | 読書の秋とはよく言ったものよのう。 »